健康作用がいっぱい!ついでに育毛もしたいひとにお勧めのブドウ種子エキス

育毛効果が最近注目されているのがブドウ種子エキスです。ブドウの種にふくまれるポリフェノールのなかに、髪の発育を助ける明らかな作用があることがわかっています。めだつ副作用もないので、摂りすぎを気にする必要はありません。ブドウを種ごと食べる習慣をつけてもいいですし、サプリメントで摂取してもいいでしょう。

ブドウ種子エキスとして販売されているサプリメントの主要成分は、ブドウポリフェノールの一種であるプロアントシアニジンです。この成分は強力で、ビタミンEの約5倍の抗酸化作用があります。動脈硬化や白内障予防、美白促進などのさまざまな健康作用が早くから注目されたことで、サプリとして商品化されてきました。

プロアントシアニジンに育毛効果もあることがわかったのは最近のことです。この成分には、頭皮のなかの毛母細胞を活発化させる作用があります。つまりプロアントシアニジンを摂っていると、発毛しやすくなるわけです。さらにこの成分には、悪玉コレステロールを減らして血流を増やすはたらきもあります。ブドウ種子エキスで太く健康な髪が育ちやすくなるのは、血流量増加のおかげで、必要な栄養素が毛根にじゅうぶんに届くようになるためです。

ブドウ種子を大量に食べても副作用がでることはありません。フルーツとしてブドウを食べるときには、種もできれば食べるといいでしょう。ただ赤ワインは、いくら飲んでもプロアントシアニジンを摂ることはできません。製造過程で種子は取り除かれるからです。食品から摂るのであれば、種を丸ごと食べるしかありません。

ブドウ種子には若干の渋みがあります。その風味が嫌いだというひとは、サプリで手軽にプロアントシアニジンを摂取するといいでしょう。摂りすぎても心配のない成分ですが、たくさん摂れば育毛効果が大きくなるわけではないことは覚えておきましょう。指示されている摂取量を守り長く続けていくほうが、健康な髪を早く育てることにつながります。

正常な毛周期に整える育毛の定番成分アルギニン

多くの育毛サプリに含まれる、定番成分ともいえるものがアルギニンです。この栄養素には抜け毛を防止する効果が広く認められています。身近な食品に含まれるので、食生活に少し気をつければ必要量のアルギニンをふだんから補給することも可能です。多忙で食事管理に自信がないひとは、サプリメントでより手軽に摂取してもかまいません。

アルギニンという成分は、からだのなかで成長ホルモンの分泌を促進します。髪の生育のためには成長ホルモンが欠かせません。

髪を作るのは、頭皮に存在する母毛細胞です。この特殊な細胞の外側には、毛乳頭細胞というものがあります。成長ホルモンは毛乳頭細胞にはたらきかけ、IGF-1という成分を合成させます。IGF-1には母毛細胞のはたらきを活性化させる作用があります。

抜け毛を減らすために健康な毛母細胞はぜったいに必要です。この細胞には、健康な髪を生む毛周期を整えるはたらきがあるからです。

髪には成長期、衰退期、休止期という3つの段階があり、このサイクルを毛周期とよびます。抜け毛が増え薄毛になるとき、そのひとの髪は成長期が短く、休止期が長い状態です。これは正常な毛周期ではありません。抜け毛を減らすには、成長ホルモンを増やして毛母細胞を活性化させ、正しい毛周期をとりもどすことが大切です。

成長ホルモンを増やすアルギニンをふくむ食品はたくさんあります。代表的なものは大豆製品、鶏肉、海老などです。1日3食、いろいろな食材を使った食事を摂っていれば、アルギニンが大きく不足することはありません。アルギニンはビタミンB群といっしょに摂ると吸収率があがります。豚肉などビタミンBが豊富な食材も適度に食べ、アルギニンが効率よくからだにはたらくように心がけるといいでしょう。

気をつけてほしいのは、コンビニ食中心の食事を摂ることの多いひとです。インスタント食品やスナック類、アルコール類にはアルギニンはほとんど含まれていません。コンビニで食べるものを毎回買っているひとは、薄毛をみずから招いているようなものです。こういうライフスタイルをもっているひとは、生活習慣の改善を心がけながら、しばらくはアルギニンをサプリで補給するようにするといいかもしれません。

毛周期を正常に整えるアルギニンは、薄毛予防のために意識して摂りたい栄養成分です。男性ホルモンに作用するものではないので、アルギニンを摂ることは男性だけでなく女性の薄毛予防にも効果が期待できます。必要に応じてサプリを利用してもいいですが、生活習慣の見直しを通じて、髪にいい食生活を取り戻す努力も忘れないことが育毛のためにはとても大切です。

脱毛防止と発毛が同時にできる!育毛に悩むひとの救世主フィーバーフュー

薄毛改善したいひとのあいだで、最近注目されているのがフィーバーフューというハーブです。この植物に含まれる有効成分には、脱毛を防ぐだけでなく健康な髪を育てる作用があります。男性ホルモンに作用するので、AGA型の薄毛に悩むひとにはとくにお勧めしたいハーブです。サプリメントやお茶などでこの成分を摂取することができます。

フィーバーフューの和名はナツシロギクです。この植物にはパルテノライドという有効成分が含まれています。もともとは偏頭痛の抑制作用が注目されて研究されてきました。近年になってパルテノライドは、育毛にも効果があることが指摘されるようになりました。

パルテノライドはからだのなかに入ると、NK-KBというタンパク質のはたらきを抑制します。タンパク質NK-KBとは、男性特有のAGAの原因である脱毛ホルモンDHTをつくる成分です。

タンパク質NK-KBが男性ホルモンの一種であるテストステロンと結びつくことで、脱毛ホルモンDHTに変化します。タンパク質NK-KBの活性化をパルテノイドが抑えてしまえば、男性のからだのなかで作られる脱毛ホルモンの量は大きく減ると考えられます。フィーバーフューで脱毛防止が期待できるのはこうした理由によるものです。

さらにパルテノイドには血管を拡張させ、頭皮の血行を促進するはたらきもあります。この作用は健康な育毛には欠かせません。頭皮には網の目のように毛細血管が通っていて、髪をつくる毛母細胞に栄養を運んでいます。頭皮にじゅうぶんな血液が流れていないと、せっかく生えてきた髪は細く弱弱しいものになるでしょう。

パルテノイドをふくフィーバーフューを毎日摂れば、AGAの男性でも脱毛をストップし健康で強い髪を育てることも可能です。生で毎日食べることはむずかしいハーブなので、お茶やサプリなどの加工食品というかたちで摂取するといいでしょう。気長に毎日摂り続けることが、フィーバーフューの効果を早く実感するうえでは大切です。

AGA対策にお勧め!男性ホルモン調節作用のあるノコギリヤシ

男性のAGA防止に高い効果が報告されているのがノコギリヤシです。北米原産の植物ですが、いまではサプリメントという形で手軽に手にはいります。男性ホルモン調節作用があることから、ノコギリヤシを摂ることで男性特有の抜け毛を防止する効果を期待できます。とくに副作用もないため、気長なAGA対策のひとつとしてお勧めです。

育毛に効果のある植物としてノコギリヤシがあげられます。成分のなかに、過剰な男性ホルモンを抑制するはたらきがあるからです。

ノコギリヤシが注目されたきっかけは、男性の前立腺肥大を予防する作用がみつかったことでした。前立腺肥大症もまた、過剰な男性ホルモン分泌の影響でひきおこされる疾患です。ノコギリヤシの摂取でホルモン量が調節され、前立腺肥大症の進行を止めることができました。

それならば、AGA改善にもノコギリヤシは効果が期待できるはずです。成人男性によくみられる育毛サイクルの乱れは、同じく男性ホルモンのひとつであるテストステロンの作用によるものだからです。ノコギリヤシサプリの薄毛への効果は広く確認されていて、いまではさまざまな薄毛対策サプリに成分が配合されています。

安価に購入して長く続けたいのであれば、ノコギリヤシ成分だけを製品化したサプリを選ぶといいでしょう。より高い効果を期待するのなら、少し値段があがっても育毛専用サプリのほうがいいかもしれません。専用製品には、亜鉛など育毛促進作用のあるさまざまな成分が同時配合され、相乗効果が期待できるからです。

ノコギリヤシは薄毛改善のための力強い味方ですが、即効性まで望んではいけません。天然成分ですし、気長に飲み続けることで育毛が少しずつ改善されていくものです。クリニックで処方される医薬品のように、短期間で薄毛が改善できることはありません。ノコギリヤシを試すなら、最低でも半年程度は欠かさずサプリを飲むくらいの根気をもちましょう。

AGAをひきおこす原因は男性ホルモンだと判明しています。男性ホルモン抑制作用のあるノコギリヤシは、薄毛に悩む男性にぜひ試してほしいものです。薄毛がさいきん気になりはじめたというひと、薄毛が進んでいるけどクリニックに行くのは恥ずかしいというひとは、まずはノコギリヤシのサプリを自分で試してみるといいでしょう。

サプリが安価で嬉しい!育毛に欠かせない基本の栄養素ビオチン

健康で強い髪を育てるにはビオチンという栄養素が必要です。ビオチンは、髪の主成分であるタンパク質の合成を促したり、頭皮の毛細血管を広げたりする作用があります。食事からも補給できますが、マルチビタミンなどのサプリからこれを補給することも可能です。たいてい安い価格なので、育毛を気にするひとは積極的に摂取しましょう。

ビオチンはビタミンBの一種です。レバー、クルミ、牡蠣、キナコなどに比較的多く含まれています。牛レバーを45g程度食べれば、成人男性が必要とする1日のビオチン摂取量を補うことが可能です。こうした食材が苦手だったり、毎日忙しくてコンビニ食で済ますことが多いひとは、サプリメントでビオチンを補給しましょう。

マルチビタミンやビタミンB群を強化したサプリには、ビオチンはたいてい配合されています。こうしたサプリは値段も安く、長く続けやすい点が大きなメリットです。うっかりサプリを摂りすぎても、ビオチンで副作用がでることはありません。水溶性ビタミンなので、からだが必要としないぶんは体外へ排出されるからです。

ビオチンで育毛が期待できる理由は2つあります。

第1にこの栄養素には、皮膚、爪、髪など、体表のタンパク質合成を促進する作用があることです。とくにコラーゲン合成にはビオチンは欠かせません。コラーゲンが豊富に作られている頭皮からは、コシのある強い髪が作られます。脱毛だけでなく、いま生えている髪が細く弱弱しくなっていることが気になっているひとにも、ビオチンはお勧めの栄養素です。

第2に、ビオチンには毛細血管を太くして血流を増やす作用があることです。頭皮に豊かな血液が流れていると、毛母細胞に栄養が行き渡ります。新しい毛が生えやすくなるだけでなく、育毛サイクルも正常になります。栄養不足で弱って休眠中だった毛母細胞を活性化するために、ビオチンはとても効果がある成分です。

たんに生えればいいというだけでなく、健康で強く太い髪がほしいひとに、ビオチンはぜひお勧めしたい栄養です。めずらしい成分ではありませんが、補給源であるレバーや牡蠣を毎日食べることはむずかしいのも確か。育毛が気になるなら、ビオチンはサプリで補うと便利です。安価ですし早めの対策をするといいでしょう。定期的な摂取でいま生えている髪の寿命と健康を延ばすこともできます。

男性型脱毛症にも効く!髪の主成分であるタンパク質合成を促す育毛成分L-リジン

L-リジンという成分には、髪の健康を保つはたらきがあります。女性の薄毛にも効きますが、とくに効果が期待できるのは成人男性の脱毛です。L-リジンは肉類に多く含まれます。パンやインスタント食品中心の食生活になっているひとは、この栄養素が不足している可能性があります。足りていないと感じたら、サプリでL-リジンを補給するようにしましょう。

L-リジンは、体内で合成できない必須アミノ酸のひとつです。おもにタンパク質の合成を促すはたらきをします。髪の主成分はタンパク質です。L-リジンが不足すると、髪が細くなったり新しい髪が生えにくくなったりします。つまり薄毛に悩むひとなら、男であれ女であれ、L-リジンを積極的に摂る必要があるといえます。

L-リジンがとくに注目されるのは、男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロンのはたらきを抑える作用もあるためです。

ジヒドロテストステロンというホルモンは、頭髪も育毛サイクルを止めることがわかっています。成人になると、多くの男性がこめかみ部分のM字ハげや後頭部のO字ハゲに悩むのは、このホルモンのはたらきのためです。ジヒドロテストステロン抑制作用のあるL-リジンは、男性型脱毛症のひとにはぜひ積極的に摂ってほしい栄養素だといえます。

L-リジンはサプリメントでも摂ることができます。多くの育毛サプリはこの成分を配合しています。

食事から摂るのであれば、肉類を中心にタンパク質源となるあらゆる食材をまんべんなく食べるようにしましょう。L-リジンの含有量が一番多いのは鶏肉ですが、チキンばかり集中的に食べることはお勧めできません。できれば赤身肉や豆類もいっしょに食べましょう。いろいろなタンパク質を同時に摂ると、L-リジンの吸収率と利用率があがります。

つまり偏食をせず、バランスのいいタンパク質豊富な食事を続けることが、L-リジンの効率のいい利用のために必要だといえます。コンビニでおにぎりやパンだけを食べたり、インスタントラーメンだけで1食を済ませたりする食生活は、L-リジンを不足させ男性型脱毛症を進める原因です。毎日多忙で食生活改善に自信のないひとは、いっそサプリでこの成分を補給するといいでしょう。

男性型脱毛症の改善には、L-リジンという必須アミノ酸が効果的です。タンパク質合成を促進するのでしっかりした髪が生えるようなるばかりでなく、M字ハゲとO字ハゲの原因となる男性ホルモンを抑制します。忙しくて偏食がちのひと、薄毛を意識して治したいひとは、この成分が配合されたサプリメントを摂取して不足分を補うようにしてください。

AGAが気になるときはイソフラボン!男性の薄毛サイクルを止める力強い味方

多くの男性にとって薄毛は悩みの種です。イソフラボンという成分にはAGA型の薄毛を予防、改善させる効果があります。薄毛を引き起こす物質を調節する作用があるので、イソフラボン摂取で男性の髪が抜ける原因をある程度取り除くことが可能です。イソフラボンは大豆食品に豊富に含まれる成分です。食事からもかんたんに摂ることができますが、サプリメントを利用して摂ることも可能です。

成人後の男性の薄毛はAGAとよばれます。こめかみ付近の生え際や頭頂部が薄毛になるのが特徴的な症状です。AGAを引き起こす原因のひとつは男性ホルモンだと考えられます。

男性ホルモンが髪に直接作用するわけではありません。男性ホルモンのひとつであるテステステロンに、5αリダクターゼという物質が結びつくことで、ジヒドロテストステロンという成分が生成されます。ジヒドロテストステロンは毛根に作用して髪の育成をストップさせるはたらきをします。これがAGAがおこるメカニズムです。

AGA型の薄毛を防ぐには、テステステロンがジヒドロテストステロンに変化する過程を阻害することが大切です。ここでイソフラボンが重要なはたらきをします。イソフラボンには、5αリダクターゼのはたらきを抑える作用があるからです。イソフラボンは女性ホルモンに似たはたらきがあります。この成分を摂ると、からだの中で男性ホルモンが優位な状態をある程度調節することが期待できます。

イソフラボンは大豆製品を摂ることで補給できます。豆腐や納豆をなるべく食べるようにしたり、豆乳を毎朝飲んだりするだけでかなりの量のイソフラボンを摂ることが可能です。

もちろんサプリメントでこの成分を補給してもかまいません。ただ大豆のような食品から摂るほうが、薄毛改善にはより大きな効果が期待できます。髪の育成にはタンパク質も必要だからです。5αリダクターゼを阻害すると同時に、髪をつくるタンパク質も豊富にふくむイソフラボンは、AGA改善の力強い味方だといえます。

AGAが気になるひとは、食生活のなかに大豆製品を取り入れてイソフラボンを積極的に補給しましょう。男性特有の薄毛の原因を、イソフラボンならある程度抑えることが可能です。サプリメントを利用してもかまいませんが、それだけでは栄養不足です。サプリを飲むなら、髪の育成に必要なタンパク質の補給を別に気をつけるようにしましょう。

薄毛の原因は亜鉛不足!からだのなかでの消費量をおさえて育毛をめざせ

髪の発育には亜鉛は欠かせない栄養素です。薄毛を改善させるには、亜鉛不足になっていないかどうかよく考える必要があります。食事から補給できるものの、飲酒などが原因で消費量がすぐに増えるのもこの成分の特徴。育毛を気にするなら、亜鉛を食事またはサプリでしっかり補う、間違った生活習慣は一刻も早く改めるなどの工夫が必要となります。

髪の主成分はタンパク質です。とはいえタンパク質さえあれば髪が生えるわけではありません。育毛サイクルをスムーズに機能させるには亜鉛が必要となります。亜鉛とは、毛根に必要な栄養を送り届けるために必要な栄養素だからです。

亜鉛が多く含まれる食品として、チーズ、レバー、牡蠣、納豆、海苔、アーモンドなどがあげられます。大量に食べる必要はなく、食材のひとつとしてこれらの食品を取り入れるだけで必要量の亜鉛を摂取することができます。食事が不規則でこうした食品を毎日摂れないというひとは、亜鉛のサプリを利用してもいいでしょう。

亜鉛が不足すると、からだにはさまざまな症状があらわれます。

一番多いのは髪の異常です。抜け毛や白髪が増えたり、細い髪が生えたりするのは典型的な亜鉛不足の症状です。また味覚が鈍くなるひともいます。以前よりも濃い味付けの食事を好むようになったひとは、日々の生活のなかでこの栄養素が足りていないのかもしれません。男性のなかには精力が減退したと感じるひともいます。

亜鉛は食物のなかに含まれるので、ふつうに食事をしているなら不足することはあまりありません。ところがある種の生活習慣を続けているひとのからだのなかでは、亜鉛はあっという間に消費されてしまいます。薄毛をなんとかしたいひとは、自分の生活を見直すことが必要です。

亜鉛が不足する原因として、過度の飲酒やストレスがあげられます。アルコールの分解やストレスによる神経の負荷を下げるために、亜鉛が大量に使われるからです。亜鉛を確保して薄毛を改善させるには、お酒を飲む機会を減らす、ハードワークを避けてストレスを回避するなどの工夫が必要だといえます。

亜鉛は育毛に関わる大切な栄養素です。亜鉛を確保して髪をいたわるためなら、お酒を控えたりストレスを軽減させたりする努力もしたいところです。とはいえ多忙な現代人にとって、生活習慣を急に大きく変えることはむずかしいかもしれません。せめて食事やサプリでじゅうぶんな亜鉛を毎日補給するように心がけましょう。