男性型脱毛症にも効く!髪の主成分であるタンパク質合成を促す育毛成分L-リジン

L-リジンという成分には、髪の健康を保つはたらきがあります。女性の薄毛にも効きますが、とくに効果が期待できるのは成人男性の脱毛です。L-リジンは肉類に多く含まれます。パンやインスタント食品中心の食生活になっているひとは、この栄養素が不足している可能性があります。足りていないと感じたら、サプリでL-リジンを補給するようにしましょう。

L-リジンは、体内で合成できない必須アミノ酸のひとつです。おもにタンパク質の合成を促すはたらきをします。髪の主成分はタンパク質です。L-リジンが不足すると、髪が細くなったり新しい髪が生えにくくなったりします。つまり薄毛に悩むひとなら、男であれ女であれ、L-リジンを積極的に摂る必要があるといえます。

L-リジンがとくに注目されるのは、男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロンのはたらきを抑える作用もあるためです。

ジヒドロテストステロンというホルモンは、頭髪も育毛サイクルを止めることがわかっています。成人になると、多くの男性がこめかみ部分のM字ハげや後頭部のO字ハゲに悩むのは、このホルモンのはたらきのためです。ジヒドロテストステロン抑制作用のあるL-リジンは、男性型脱毛症のひとにはぜひ積極的に摂ってほしい栄養素だといえます。

L-リジンはサプリメントでも摂ることができます。多くの育毛サプリはこの成分を配合しています。

食事から摂るのであれば、肉類を中心にタンパク質源となるあらゆる食材をまんべんなく食べるようにしましょう。L-リジンの含有量が一番多いのは鶏肉ですが、チキンばかり集中的に食べることはお勧めできません。できれば赤身肉や豆類もいっしょに食べましょう。いろいろなタンパク質を同時に摂ると、L-リジンの吸収率と利用率があがります。

つまり偏食をせず、バランスのいいタンパク質豊富な食事を続けることが、L-リジンの効率のいい利用のために必要だといえます。コンビニでおにぎりやパンだけを食べたり、インスタントラーメンだけで1食を済ませたりする食生活は、L-リジンを不足させ男性型脱毛症を進める原因です。毎日多忙で食生活改善に自信のないひとは、いっそサプリでこの成分を補給するといいでしょう。

男性型脱毛症の改善には、L-リジンという必須アミノ酸が効果的です。タンパク質合成を促進するのでしっかりした髪が生えるようなるばかりでなく、M字ハゲとO字ハゲの原因となる男性ホルモンを抑制します。忙しくて偏食がちのひと、薄毛を意識して治したいひとは、この成分が配合されたサプリメントを摂取して不足分を補うようにしてください。