サプリが安価で嬉しい!育毛に欠かせない基本の栄養素ビオチン

健康で強い髪を育てるにはビオチンという栄養素が必要です。ビオチンは、髪の主成分であるタンパク質の合成を促したり、頭皮の毛細血管を広げたりする作用があります。食事からも補給できますが、マルチビタミンなどのサプリからこれを補給することも可能です。たいてい安い価格なので、育毛を気にするひとは積極的に摂取しましょう。

ビオチンはビタミンBの一種です。レバー、クルミ、牡蠣、キナコなどに比較的多く含まれています。牛レバーを45g程度食べれば、成人男性が必要とする1日のビオチン摂取量を補うことが可能です。こうした食材が苦手だったり、毎日忙しくてコンビニ食で済ますことが多いひとは、サプリメントでビオチンを補給しましょう。

マルチビタミンやビタミンB群を強化したサプリには、ビオチンはたいてい配合されています。こうしたサプリは値段も安く、長く続けやすい点が大きなメリットです。うっかりサプリを摂りすぎても、ビオチンで副作用がでることはありません。水溶性ビタミンなので、からだが必要としないぶんは体外へ排出されるからです。

ビオチンで育毛が期待できる理由は2つあります。

第1にこの栄養素には、皮膚、爪、髪など、体表のタンパク質合成を促進する作用があることです。とくにコラーゲン合成にはビオチンは欠かせません。コラーゲンが豊富に作られている頭皮からは、コシのある強い髪が作られます。脱毛だけでなく、いま生えている髪が細く弱弱しくなっていることが気になっているひとにも、ビオチンはお勧めの栄養素です。

第2に、ビオチンには毛細血管を太くして血流を増やす作用があることです。頭皮に豊かな血液が流れていると、毛母細胞に栄養が行き渡ります。新しい毛が生えやすくなるだけでなく、育毛サイクルも正常になります。栄養不足で弱って休眠中だった毛母細胞を活性化するために、ビオチンはとても効果がある成分です。

たんに生えればいいというだけでなく、健康で強く太い髪がほしいひとに、ビオチンはぜひお勧めしたい栄養です。めずらしい成分ではありませんが、補給源であるレバーや牡蠣を毎日食べることはむずかしいのも確か。育毛が気になるなら、ビオチンはサプリで補うと便利です。安価ですし早めの対策をするといいでしょう。定期的な摂取でいま生えている髪の寿命と健康を延ばすこともできます。