薄毛の原因は亜鉛不足!からだのなかでの消費量をおさえて育毛をめざせ

髪の発育には亜鉛は欠かせない栄養素です。薄毛を改善させるには、亜鉛不足になっていないかどうかよく考える必要があります。食事から補給できるものの、飲酒などが原因で消費量がすぐに増えるのもこの成分の特徴。育毛を気にするなら、亜鉛を食事またはサプリでしっかり補う、間違った生活習慣は一刻も早く改めるなどの工夫が必要となります。

髪の主成分はタンパク質です。とはいえタンパク質さえあれば髪が生えるわけではありません。育毛サイクルをスムーズに機能させるには亜鉛が必要となります。亜鉛とは、毛根に必要な栄養を送り届けるために必要な栄養素だからです。

亜鉛が多く含まれる食品として、チーズ、レバー、牡蠣、納豆、海苔、アーモンドなどがあげられます。大量に食べる必要はなく、食材のひとつとしてこれらの食品を取り入れるだけで必要量の亜鉛を摂取することができます。食事が不規則でこうした食品を毎日摂れないというひとは、亜鉛のサプリを利用してもいいでしょう。

亜鉛が不足すると、からだにはさまざまな症状があらわれます。

一番多いのは髪の異常です。抜け毛や白髪が増えたり、細い髪が生えたりするのは典型的な亜鉛不足の症状です。また味覚が鈍くなるひともいます。以前よりも濃い味付けの食事を好むようになったひとは、日々の生活のなかでこの栄養素が足りていないのかもしれません。男性のなかには精力が減退したと感じるひともいます。

亜鉛は食物のなかに含まれるので、ふつうに食事をしているなら不足することはあまりありません。ところがある種の生活習慣を続けているひとのからだのなかでは、亜鉛はあっという間に消費されてしまいます。薄毛をなんとかしたいひとは、自分の生活を見直すことが必要です。

亜鉛が不足する原因として、過度の飲酒やストレスがあげられます。アルコールの分解やストレスによる神経の負荷を下げるために、亜鉛が大量に使われるからです。亜鉛を確保して薄毛を改善させるには、お酒を飲む機会を減らす、ハードワークを避けてストレスを回避するなどの工夫が必要だといえます。

亜鉛は育毛に関わる大切な栄養素です。亜鉛を確保して髪をいたわるためなら、お酒を控えたりストレスを軽減させたりする努力もしたいところです。とはいえ多忙な現代人にとって、生活習慣を急に大きく変えることはむずかしいかもしれません。せめて食事やサプリでじゅうぶんな亜鉛を毎日補給するように心がけましょう。